B型肝炎訴訟と給付金は弁護士に

B型肝炎の給付金請求訴訟するまでの流れをお伝えします

相談料と着手金

B型肝炎訴訟は、証拠集めなどをおこなっていき、自分が集団予防接種によって感染したことを証明していくことが必要になっていきます。この証明の過程もかなりの手間になりますが、なによりも訴訟を起こすという手続きに問題が出てくるようになるでしょう。そこで、弁護士を活用すれば、手間も問題がありません。国も想定していることであり、4%の補助金も出るようになっています。これを活用すれば、もっと手軽に弁護士を活用できるようになるでしょう。

着手金弁護士に依頼する場合には、着手金が必要になることがあります。弁護士にはさまざまな費用があり、相談するときにも相談料が必要です。ところが、こうした費用がネックになってしまうと、それだけで弁護士の利用どころか、給付金に関する訴訟も足が遠のきます。

そこで、弁護士側としても、相談料や着手金を無料にするという方法を採っているところが増えました。相談するときの障壁も下がりますし、初期費用として掛けるものがなくなれば、費用的な心配はかなり減少することになるでしょう。実際に補助金も活用していくことによって、依頼しても負担は軽減しますし、スムーズに運べるようになるのですから、メリットも大きくなります。

Previous

Next