B型肝炎訴訟と給付金は弁護士に

B型肝炎の給付金請求訴訟するまでの流れをお伝えします

B型肝炎訴訟

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。日本にも数多くの患者がいることがわかっていますが、ほとんどは自然治癒すると考えられています。肝炎を発症してしまケースもありますが、慢性肝炎になりやすく、肝硬変や肝臓がんに発展することが問題です。死亡率の高い病気につながってしまうリスクがあるといえるでしょう。

集団予防接種B型肝炎がここまで拡大した理由のひとつに、注射器があります。集団予防接種をおこなうにあたり、感染症に対する知識不足によって、使いまわしがされていたことが大きな原因となりました。ひとりでもB型肝炎に感染していれば、使いまわしすることでどんどんと拡大していきます。その結果、大量のB型肝炎患者を生み出してしまうことになりました。さらに、母子感染という大きな問題にも拡大して行ったのですから、社会問題になったといえるでしょう。きちんとした対策を取らなかった国の問題は大きかったのは間違いありません。損害賠償訴訟も起こされることとなり、結果として和解が成立しました。そこで、生まれてきたのがB型肝炎給付金です。集団予防接種によって感染したことが証明できるのであれば、訴訟を起こすことによって、給付を受けることができます。

条件さえ満たせば、給付を受けられることにはなりますが、訴訟を起こさなければいけないところがネックです。難しい部分もあるため、参考にしながら訴訟を考えてみてはいかがでしょうか。

Next